FC2ブログ

甘い人生 a Bittersweet Life

御主人様と多香子のヒミツな日々

HOME プロフィール

多香子と倉田真由 ♂

Author:多香子と倉田真由 ♂
多香子と御主人様の日記な日々をどちらともなく綴っております。
なるべく画像付きにしようと思っております。

最新記事 最新コメント 最新トラックバック
月別アーカイブ カテゴリ
2014年11月の記事

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

飛行機雲

今日はポカポカいいお天気でしたね。

夕陽に飛行機雲が光っていました。綺麗でしたよ。

空に光の線を引いて どこへ飛んで行くのかな。
ご主人さまのそばに連れて行ってくれたらいいのにな。

ご主人さまと なかなか 逢えない(。-_-。)
この前。
じゃあ 土曜日って 言われたけど。私の用事があったので…逢えなかった。

今度はいつ? 今度はあるの?

先が見えない…。
私はどんどん 歳をとっていくし。

何ヶ月かぶりに逢えても…ご主人さま がっかりするんじゃないかな。

そんなことばかり思うと 思い出すご主人さまの顔は しかめっ面で つまらなさそう。

そういえば 最近 そんな顔しか見ていないかも…。
私がご主人さまを満足させられないから。
鬱々。 愚図愚図。

そんなことばかり。

お手入れも 逢えないと思うと 手を抜いてしまいます。
今は普通に温泉へ行けるくらいに もしゃもしゃしています。
でも 中途半端で チクチクします。

そんなこんなで メソメソしてたら。

ご主人さまが。

ご主人さまの可愛い多香子でいなさい。

って。

嬉しくて 泣きました。
胸がいっぱいに 暖かくなりました。

やっぱり ご主人さまは私の太陽です。

早く 身体中をご主人さまでいっぱいにしたいです。



寒~い!

寒くなりましたね。

こんな夜は ご主人さまにくっついて 温もりを感じられたら… 幸せなんだけどな。

それにしても ホンの少し 地球が傾いているだけなのに…こんなに気温が違うんですよね。

でも 昼間に太陽が顔を覗かすと ガラス越しにはポカポカです。
太陽のおかげで 温もりを感じます。

そこで 私は気づきました。

私にとって ご主人さまは太陽だ❗️
ってね^_−☆

だって ご主人さまの帰りを待って メールが 届いたら ほっとして ポカポカ暖かくなります。
ご主人さまのメールのない日は どんより 暗~い 曇りの日になります。
二日も続くと シトシト ザーザー 涙雨。

あぁ。ご主人さまは私の太陽です。

って 考えてたら…。
そうか❗️ 昔から クサイ台詞に 「あぁ。君は僕の星だ 月だ 太陽だ!」ってありましたよね;^_^A

そうか。みんな 昔から そう思ってたんだって やっとわかりました。

早く 太陽に灼かれたいです。
暑く 熱く なりたいです。

胸を焦がしています。








ご主人さまの まぁるいお腹。暖かいです。





秋桜

コスモス畑がありました。
風に揺らいでいます。




三代目J Soul Brothersの歌C.O.S.M.O.S というのがあります。
歌詞がもう 私の気持ちなの。


出逢った事実(こと)がすでに 哀しい運命出逢った事実(こと)がすでに 哀しい運命だったとしても
あなたも僕もきっと 傷ついてしまう… それでも
あなた情熱の嵐に咲いた秋桜 激しさを涙に閉じ込め
風に吹かれ 雨に撃たれ 綺麗に儚く咲いてる人
愛しすぎて誰にも言えないこの純真(おもい)が
僕たちを 無口にさせるよ もう
ごめんと言えばあなたが消えそうで
壊れるくらい抱き寄せた
淋しさ埋めるために あなたを求めているんじゃない
離せない離したくない 諦められない… 純愛
「私だけのあなたじゃないからつらいの」と 一度だけ泣いたね 秋桜
それでもまた 僕のために 今夜もせつなく咲いてる人
愛してると何度あなたに伝えてみても
やるせなく 微笑むのは何故? そう
紛れもなく結ばれた僕たちは
罪人なんかじゃない
薄い色してる秋桜が 触れ合うたびに鮮やかになってく
真っ赤に真っ赤に 肌を染めて 愛し合うそのたび赤くなる
愛しすぎて誰にも言えないこの純真(おもい)が
僕たちを 無口にさせるよ もう
ごめんと言えばあなたが消えそうで
壊れるくらい抱き寄せた
愛してると何度あなたに伝えてみても
やるせなく 微笑むのは何故? そう
紛れもなく結ばれた僕たちは
罪人なんかじゃない
罪人なんかじゃないよ


いかがですか?

男の人の目線の歌詞だけど。

愛しすぎて誰にも言えないこの想い…
淋しさ埋めるために あなたを求めているんじゃない…
私だけのあなたじゃないから…

罪 じゃない…ですよね。


私の心を覗いて歌詞を書いたのかと 思ってしまいます。

切ない秋ですね。


早く逢いたいです ご主人さま。



またまた

今夜もお月様のお話…。
ご主人さまにまだ逢えそうにないので。
(。-_-。)






綺麗なお月様ですね。( I love you ? )

5日は後の十三夜だったそうです。
閏月があって 今年は二回 九月があったらしいです;^_^A
知らなかった! 知らなくても 毎日 一日づつ過ぎていました。

当たり前ですか…(¯―¯٥)

そして なかなかご主人さまと繋がれないのは きっと 九月に逆戻りしたせいかもしれません。

でも 今夜は久しぶりにご主人さまとメールでお話が出来ました。

最近 お疲れなのか 二日もメールがなかったりして…もう 私なんか要らないのかな…(・_・、)グスン

と またまた 負のループ。

ご主人さまの嫌いなグダグダ多香子になっていました。

だって 淋しいんですよ。
必要とされてないコトが 一番悲しいんです。

私が居るのは ご主人さまのためだけに。
私が欲しいのは ご主人さまだけ。

逢えないなら 言葉だけでも…ご主人さまが欲しいです。

今日も一日の終わりに お疲れ様って 綺麗な夕日。
後ろを振り向くと 大きなお月様。

さぁ ご主人さまを待つ時間。

まだかな まだかな。
あ…。

お疲れ様でした。やっと一週間が終わったな。

月明かりの下で 多香子を縛って 鑑賞したい。

って。(๑>◡<๑)

嬉しい! 久しぶりにそんな言葉を聞きました。
して! してください!

そして その言葉を聞いただけで 濡れてしまいます。

そんな いやらしい多香子で いたいです。
ずっとご主人さまのそばに ご主人さまのためだけに いさせてくださいね。

大好きです。ご主人さま。

多香子を縛って 犯してください。
いつでも待っています…。











最近 縛ってもらってなかったので 縄の写真がなかったです。
今度は 縛ってくださいね…ご主人さま。




フリーエリア
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。